立川駅南口徒歩5分 相続コンサルティング、死亡時の諸手続のご相談ならアクシア・コンサルティング・グループにお任せください。

社会保険労務士法人AXIA・行政書士法人AXIA
 

相続相談センター AXIA

〒190-0022 東京都立川市錦町2-3-3 Olympicビル  5F

〒252-0226 相模原市中央区陽光台7-5-9 AXIAビル 2F

まずはお電話を

お気軽にお問合せください

立川駅南口 徒歩5分

042-595-8680

リビングウィルとは

 

 病院での治療においては、たとえ患者さんが意識をなくしていても、救命のための努力がなされます。呼吸ができなくなっていても、気管に管を入れて人工呼吸器を装着します。

 

 

人間の身体は、意識不明となり、飲食ができなくなれば、静かに息を引きとるのが自然の摂理です。しかし、点滴で栄養や水分を補給し、呼吸できない状態になっても、人工呼吸器を装着させて、心臓さえ動いていれば、いつまででも生き続けることができます。

 

 回復の見込みがない状態で、延命されることを希望しない人も、少なからずおられるのが実情ですが、(当然ながら、「できるだけ延命して欲しい」というお気持ちも尊重されてしかるべきです。)現在、わが国の医療は尊厳ある生命をできる限り維持することを大前提としており、他人が人命を短くすることができません。生命維持装置を外すことは、患者の死に直結し、医療機関にとって、法的リスクを侵すことですから、たとえ見かねた家族が延命治療の中止を希望したとしても、実行できることではないのです。

 

 無意味な延命治療を止め、家族にも、できるかぎり迷惑をかけることなく、静かに死を迎える方法は、理性的に物事を判断できるあいだに、「このような事態がおきたときには、こうして欲しい」と、自分の意思、すなわち、「リビング・ウィル」を残しておくこと以外にありません。

安楽死とは

 死期が迫っている患者に耐え難い肉体的苦痛があり、本人が「早く逝かせてほしい」との意思を持っていることが明らかな場合に、積極的な医療行為で患者を死なせることを安楽死と呼びます。この安楽死を合法的に認めている国もありますが、我が国では認められておりません。延命措置を行わないこと(=尊厳死の選択:リビングウィル)とは、異なる概念です。

 

 

AXIAでは、リビングウィルの書き方につきましても、ご相談に応じております。