立川駅南口徒歩5分 相続コンサルティング、死亡時の諸手続のご相談ならアクシア・コンサルティング・グループにお任せください。

社会保険労務士法人AXIA・行政書士法人AXIA
 

相続相談センター AXIA

〒190-0022 東京都立川市錦町2-3-3 Olympicビル  5F

〒252-0226 相模原市中央区陽光台7-5-9 AXIAビル 2F

まずはお電話を

お気軽にお問合せください

立川駅南口 徒歩5分

042-595-8680

40代のいまこそ、社会の主役
早めの生活設計で安心を確保

 

 40代は、大まかなライフプランの方向性が固まってくる年代です。現役世代の2大支出とも言うべき、「住宅ローン」と「子供の教育資金」の支払いが、見通せるようになります。少しずつ、無理のない範囲で、老後に向けて余資を蓄えることを考え始めるべきでしょう。

 

 老後の人生設計(=リタイアメント・プランニング)は、早くスタートできればそれに越したことはありません。公的年金の受給開始はどんどん後ろ倒しになることが予想されます。60代半ばとなった時に、「老後の生活設計に多少のゆとりはあるけれども、まだ働けるうちは頑張って働く」という人と、「老後のことが心配なので、とにかく働かなくてはならない」という人とでは、経済環境はかなり異なります。この年代になると、体調不良により、職場において長期戦線離脱をせざるを得ない状況にいつ置かれるかもしれません。病気によって働けなくなるリスクを、40代の今のうちから勘案すべきでしょう。

公的年金(国民年金・厚生年金)について

 将来の貴重な生活資金となるべき公的年金については、制度設計が極めて複雑で、一般の方には大変解りづらい構成になっています。残念なことですが、マスコミの中には、国民の不安を煽るかのような報道をする機関も、一部に見られます。国民年金・厚生年金に関する唯一の国家資格者である社会保険労務士のほとんどは、巷で噂されている「年金制度の崩壊」が、極めて非現実的なファンタジーであることを理解しています。生命保険に加入している人は多くおられますが、自分や家族にとって、将来発生する公的年金の受給権については、あまり考慮されずに、保険の営業マンのおすすめプランにそのまま便乗されているケースも見受けられます。場合により、ファイナンシャルプランナーや社会保険労務士による、公的年金の受給予想試算を参考にして、保険金額を算出すべきでしょう。

40代にスタートすべきプランニング

大まかな方向性が見えてきたとはいえ、まだこの年代にとっては、現役引退は少し遠い未来のことですから、不確定要素がたくさんあります。当面は、以下の点に留意してみるのはどうでしょうか。

 

1.毎月少しずつでもいいから、生活資金の余剰現金を貯蓄に回す。

2.貯蓄額が100万円程度になったら、NISA等での運用を考える。

3.保険については常にメンテナンスを心得るくらいの「見直しの意識」を保つ。

4.住宅ローンがよりよい条件で借り換えが可能か否か検討してみる。

5.自分が将来どのくらい年金がもらえるか、専門家に試算してもらう。

 

AXIAには、年金制度の精通した社会保険労務士、ならびに、銀行、証券会社、生保、損保の各社とのネットワークを持つ、独立系ファイナンシャル・プランナー(いかなる金融機関の代理店業務などを行っていない)が常駐しております。手数料ビジネスには一切関与しておりませんので、公平な観点から、お客様へのご提案を行っております。