立川駅南口徒歩5分 相続コンサルティング、死亡時の諸手続のご相談ならアクシア・コンサルティング・グループにお任せください。

社会保険労務士法人AXIA・行政書士法人AXIA
 

相続相談センター AXIA

〒190-0022 東京都立川市錦町2-3-3 Olympicビル  5F

〒252-0226 相模原市中央区陽光台7-5-9 AXIAビル 2F

まずはお電話を

お気軽にお問合せください

立川駅南口 徒歩5分

042-595-8680

円熟味を増す50代が最適

 

 とある葬祭業者による「いつから終活をはじめるべきか」というアンケートでは、一番多い回答は『70代から』となっており、2番目に『60代から』という答えがきているようです。『配偶者との死別』を体験し、改めて、自分の亡き後のことを、誰に任せればいいのかという悩みが、身近なものとなり、自らの終活を考え始めるきっかけになっている方がとても多いのです。

 テレビ番組でも、まだまだ若く見えるタレントが、「終活宣言」をして、注目されましたが、経済的にも体力的にもゆとりのある50代から、少しずつ準備に着手するメリットを感じる人も出始めてきたとも言えるでしょう。

現代においては、50代でも若者のような外見の方も少なくありませんが、実はご本人は、体力の衰えを少しずつ感じ始める頃です。小さな文字が見えにくくなったり、「老い」を自覚せずに、若い頃と同じペースで、登山やスキーに挑み、大怪我をしたり、或いは、なかなか風邪が治らずに、病院に足を運ぶ頻度が増えたりするのが50代前半です。一方で、精神面では円熟味を帯び、人間形成という点では、完成形に近づきつつあります。こうした状態で、まだ充分に健康体でゆとりのある方が、謙虚に老いを自覚することで、人生の幕引きの準備という重要場面においては、ベストの決断ができることが、50代からの終活の最大のメリットとも言えるでしょう。

50代からの終活 1st ステップ

 まずは、エンディングノートを書いてみることでしょう。自分の終末期や死後に、家族など残された人たちが様々な判断や手続きを進めるときに必要となる情報を残すための情報整理です。最初から完璧に作成しなければならないと思ってしまうと、なかなか手が付けられなくなってしまいますので、わかりやすい項目、または自分が必要と感じているものから順に作成していくことをおすすめします。これまでの人生を振り返るよい機会にもなります。

詳しくはこちらをクリック

50代からの終活 2nd ステップ

 従来の意味での『生前整理』とは、自宅・土地を売却、或いは贈与をしたり、お墓を作ったりと、富裕層が行っていたものでしたが、昨今では故人の遺品を整理するのに苦労している人が増加してきたことを受けて、「不要なものの整理=断捨離」を指すようになりました。

50代は、断捨離には最適の時期です。そもそも、不要物の処分は、体力を消耗する作業です。体力に自信のあるうちに始めましょう。家の中には自分のものだけでなく、両親や先祖のものなども残っている場合があります。大きなものも多いので、時間がかかりますが焦らずに、『ゆっくりと思い出を楽しみながら』という気持ちで取り掛かるといいでしょう。生前整理をお手伝いしてくれる業者もあります。なかなか単独では決断しきれないことも、プロの助言が背中を押してくれるかもしれません。とりわけ、大きなものの処分にはとても役立つでしょう。